安心出来る防犯対策はガードマンなどの有人での警備

鍵にも沢山の種類がある

woman

現在使用されている鍵にも様々な種類があり、その形状や性能によって防犯性に違いがあります。指紋認証や暗証番号認証システムのハイテクな商品は、防犯性こそは高いもののコスト的にも高くついてしまいます。また日々巧妙化してゆく犯罪にきちんと対策をするには施錠に関する正しい知識が必要です。一般的に使用されるシリンダー型の鍵も、ほとんどの家屋で使用されているディスクシリンダー錠やピンタンブラー錠などは、その普及率からやはり防犯性に欠け、泥棒の恰好の的にされてしまいます。賃貸などを借りた際、最初に付けられている鍵はこの2タイプであることがとても多いので、鍵の取り替えや補助錠を取り付けるなどの対策を考えたほうが良いでしょう。また管理会社によって鍵の交換には事前確認が必要になるケースもありますので、転居などをご検討されている方は不動産屋さんにあらかじめ確認しておくといいでしょう。鍵の表面にデコボコとしたくぼみが特徴的なディンプルキーはディスクシリンダー錠やピンタンブラー錠と比べ、ピッキングが非常に困難な複雑な形状となっています。種類も多く値段的にもリーズナブルに済むので鍵交換をお考えなら、このタイプを選ばれても良いでしょう。しかし、犯罪巧妙化により今後必ずしも安全という訳にもいかなくなるでしょう。鍵に埋め込まれた磁気を利用したマグネットキーは防犯性が高く信用がおける鍵です。磁気を利用して解錠するシステムなので通常のピッキングで開けることはまず出来ません。しかし、経年劣化などが原因で磁気が弱くなってしまうと解錠が出来なくなってしまうので、スペアの確保や定期的に複製をする必要があります。